Top >  メニュー >  哀愁デート

哀愁デート

"若いカップルが、寄り添い、ボディータッチしながら、楽しそうにおしゃべりして歩いているのを見かけると、何だか微笑ましくなります。

「昔はそうだったな~・・・」なんて、ちょっとだけ、苦笑いしながら、懐かしくも、うらやましくもなったりします。

何着て行こうかな♪から始まって、デートの前日からドキドキ。当日、メイクと髪のセットも念入りに、ワクワクしながら待ち合わせの場所へ。
デートの最中も、ずっと手をつないだり、腕を組んだり、いっぱいおしゃべりして、たくさん笑って、楽しかったっけ・・・

「今日は天気もいいから、たまには、ドライブデートしようか」と主人。
「あっ、うん・・」
なんだろ、このローテンション。。。
特別おしゃれをすることもなく、見た目も、気持ちも「お出かけ」と変わらないまま、出発です。

昔は、いろんな話で盛り上がったドライブも、今は、会話もまばらな車内のマンネリ空気に、哀愁すら感じてしまうデートなのでした。

"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所のトラブル 結婚相談所入会前に 結婚相談所のアドバイザー 結婚相談所のメール 結婚相談所の会うタイミング 結婚相談所の仕組み 結婚相談所の注意すべき点 結婚相談所のメリット 結婚相談所のNGプロフィール 結婚相談所のプロフィールのコツ 美味しいご飯でおもてなし 年の差カップル、40代男の魅力 哀愁デート 意外と好評だったケーキバイキング 理想のデート 映画デート 癒しや安らぎが欲しい時間 暑い夏でも快適に!日本の古き知恵 夏の結婚式は花嫁さんが大変です 夏の結婚式は生花ではなく造花やプリザーブドフラワーの装花が安心 ずっと二人きりならOK 自由に生きられて羨ましいかな。 私が結婚相手に求めるもの 私の夫は最高の結婚相手 優しさと思いやり 老後考えると結婚はしたい 40代での結婚について思うこと 新婚と感じなくなった理由はふたつ 優しき?長男と結婚して、もれなくプレッシャーがついてきました アリだが、同姓も良いという考えを認めないのはダメ 妊娠報告でもっと喜んでほしかった