Top >  メニュー >  新婚と感じなくなった理由はふたつ

新婚と感じなくなった理由はふたつ

"新婚という基準は結婚してからの年数であったり、相手への接し方感じ方など、人によってはほんとうに様々と思います。
私の場合は結婚してからすぐに妊娠、出産を経験しましたので、非常に新婚生活という気分は短かったように今でこそ振り替えるとそう感じますね。

1。出掛け先で手を繋がなくなった
結婚しても新婚と感じられる間は手を繋いだり組んだりと、お互いなんの違和感もなく自然としていたり、相手から手を組んで欲しいという要望がありました。
子供が産まれてからも1年半くらいは同様でしたが、近年ではなんだか自ら手を組もうとすることが照れ臭く感じます。

2。相手を思いやる心を意識しないとできなくなった
つい自分本意のことを相手に押し付けてしまうことが出てきました。やってしまってから後悔はできるのですが、相手を常に思いやれる関係こそ初々しくて、新婚のような気分であったと今では思っています。

以上のことから新婚かどうかが別れると私は感じます。
"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所のトラブル 結婚相談所入会前に 結婚相談所のアドバイザー 結婚相談所のメール 結婚相談所の会うタイミング 結婚相談所の仕組み 結婚相談所の注意すべき点 結婚相談所のメリット 結婚相談所のNGプロフィール 結婚相談所のプロフィールのコツ 美味しいご飯でおもてなし 年の差カップル、40代男の魅力 哀愁デート 意外と好評だったケーキバイキング 理想のデート 映画デート 癒しや安らぎが欲しい時間 暑い夏でも快適に!日本の古き知恵 夏の結婚式は花嫁さんが大変です 夏の結婚式は生花ではなく造花やプリザーブドフラワーの装花が安心 ずっと二人きりならOK 自由に生きられて羨ましいかな。 私が結婚相手に求めるもの 私の夫は最高の結婚相手 優しさと思いやり 老後考えると結婚はしたい 40代での結婚について思うこと 新婚と感じなくなった理由はふたつ 優しき?長男と結婚して、もれなくプレッシャーがついてきました アリだが、同姓も良いという考えを認めないのはダメ 妊娠報告でもっと喜んでほしかった