Top >  メニュー >  40代での結婚について思うこと

40代での結婚について思うこと

"昭和の時代ならいざ知らず、今の時代は晩婚化が相当進んでおり、人によっては結婚しないという人もおり珍しい事ではないのが現状で、何歳で結婚をするかと言う事に今や大した意味は無いと私は考えます。
結婚というのは昔であれば、子孫を残し家を存続させるという事が一番の目的であり、その名残が数十年前まで残っていましたが、この場合だと当然若い内に結婚をして沢山の子孫を残すという流れになるのは当然でしょう。
しかし、最近の結婚は子孫を残していくという目的が断然一番という風潮では無い気がします。よって、結婚をする年齢というものに囚われなくなって来ているのだと考えます。この考えで行くと、40代で結婚をするという事の意味は、端的に言うと老後のパートナーを探すという感覚に近いのではないでしょうか。40代というのはそろそろ人生の先が見えてくるもので、そうなるとやはり老後独身では男女の差無く不安を感じるものです。
今の時代では40代では先があるので、40才を過ぎてからでも、結婚するというのは大いに結構な事だと思います。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所のトラブル 結婚相談所入会前に 結婚相談所のアドバイザー 結婚相談所のメール 結婚相談所の会うタイミング 結婚相談所の仕組み 結婚相談所の注意すべき点 結婚相談所のメリット 結婚相談所のNGプロフィール 結婚相談所のプロフィールのコツ 美味しいご飯でおもてなし 年の差カップル、40代男の魅力 哀愁デート 意外と好評だったケーキバイキング 理想のデート 映画デート 癒しや安らぎが欲しい時間 暑い夏でも快適に!日本の古き知恵 夏の結婚式は花嫁さんが大変です 夏の結婚式は生花ではなく造花やプリザーブドフラワーの装花が安心 ずっと二人きりならOK 自由に生きられて羨ましいかな。 私が結婚相手に求めるもの 私の夫は最高の結婚相手 優しさと思いやり 老後考えると結婚はしたい 40代での結婚について思うこと 新婚と感じなくなった理由はふたつ 優しき?長男と結婚して、もれなくプレッシャーがついてきました アリだが、同姓も良いという考えを認めないのはダメ 妊娠報告でもっと喜んでほしかった