Top >  メニュー >  妊娠報告でもっと喜んでほしかった

妊娠報告でもっと喜んでほしかった

"初潮の頃から結婚後もずっと生理不順でしたので、婦人科に通っていました。

結婚後2年が経っても自然に妊娠することはなく、それまでは生理がくる薬を処方してくれていた先生から、「そろそろ子供を作りませんか?」と聞かれたので、「はい」と即答しました。

飲み始めて最初の月はすぐに生理が来てしまい、いつも生理が来なくて悩んでいたのに、逆にやはり子供の出来にくい身体だったんだと落ち込んだのですが、翌月基礎体温が上がりっぱなしでこれは?と思い受診するとなんと妊娠していました。

薬を飲んでも、なかなか妊娠しないものと思っていただけになんだか呆気なく、しかも先生からドラマや映画のように「妊娠おめでとうございます」と言ってもらえるのかと思っていたら、そんな言葉も特に無く淡々と告げられただけだったので、うれしさを共有してくれる人が欲しくて、病院を出てすぐに仕事中の主人に電話をしましたが、こちらも「あ!そうか~」てな感じで、嬉しさの伝わってこない返事だったので、誰も一緒に喜んでくれない。となんだか1人寂しく自宅に帰ったのを覚えています。

ちなみに最近は、子供がちゃんと生まれてくるまでは先生は「おめでとうございます」とは言わないそうです。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所のトラブル 結婚相談所入会前に 結婚相談所のアドバイザー 結婚相談所のメール 結婚相談所の会うタイミング 結婚相談所の仕組み 結婚相談所の注意すべき点 結婚相談所のメリット 結婚相談所のNGプロフィール 結婚相談所のプロフィールのコツ 美味しいご飯でおもてなし 年の差カップル、40代男の魅力 哀愁デート 意外と好評だったケーキバイキング 理想のデート 映画デート 癒しや安らぎが欲しい時間 暑い夏でも快適に!日本の古き知恵 夏の結婚式は花嫁さんが大変です 夏の結婚式は生花ではなく造花やプリザーブドフラワーの装花が安心 ずっと二人きりならOK 自由に生きられて羨ましいかな。 私が結婚相手に求めるもの 私の夫は最高の結婚相手 優しさと思いやり 老後考えると結婚はしたい 40代での結婚について思うこと 新婚と感じなくなった理由はふたつ 優しき?長男と結婚して、もれなくプレッシャーがついてきました アリだが、同姓も良いという考えを認めないのはダメ 妊娠報告でもっと喜んでほしかった